スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX‐超初心者向け解説 レバレッジとは

FXで肝となるのがレバレッジである

FXは外国為替証拠金取引ともいうわけだが
レバレッジとは簡単に言えば
証拠金を預けてその預けた金額を
いわば担保として、その何倍もの金額の
取引を行うことを可能とするものである

現在、日本のFX業者では最大で25倍のレバレッジを
かけることができる

具体的に書くと、例えば
証拠金100万円
ドル円のレートが100円
だったとする

この時、ドルを1万ドル(=1万通貨)買うと
1万×100=100万円
なので、証拠金100万円でドルを100万円分
買っているから
レバレッジ1倍ということになる(当たり前)

この状態で
ドル円の為替レートが
100円から101円になったとする
すると、ドルを1万通貨持っている状態で
1円値が動いているわけだから、
1万円の利益となる(これまた当たり前)

で、レバレッジを最大の25倍というのを考えると、
証拠金100万円なら
2500万円分の取引ができるので
ドル円の為替レートが100円なら
2500万円÷100円で
25万ドル(=25万通貨)まで買うことができる

この時、
ドル円が
100円から101円になると
25万ドル×1円
なので、25万円の利益となる(またまた当たり前)

ドル円の値動きでも、1円の値動きなど一日で動くことも
ちょいちょいあることなので
この証拠金でこの取引はごく控えめに言って、非常に危険だと思う
(ただ、秒単位とか分単位でトレードするとか、
 100万円なんてお尻拭きに使ってると
いうようなお方は話は別)

このレバレッジの扱いをあやまると
FXで大損こいたw
おわた・・
ということになりかねないので気をつけたい
スポンサーサイト

テーマ:本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

FX‐超初心者向け解説 スプレッドとは

FXをはじめる上で、まず理解したいのがスプレッドである
スプレッドとは一言でいえば、売値と買値の差である
株を取引している方は板をイメージしてもらうとわかりやすいと思う

まず、FXでは買いからも売りからも取引することができる
ということが前提となる

たとえば、ドル・円(USD/JPY)を例にすると
レートが仮に100円ちょうどだとして

100円で買いから入って
101円で売ることもできるし

100円で売りから入って
101円で買い戻すこともできる

前者であれば1円幅の利益になり
後者であれば1円幅の損失となる
(1円幅といっても、必ずしも1円の損益という意味ではない
通貨数量をいくつにするかで実際の損益は決まる
これは重要な点なので別に解説する)


これを念頭において、
再びドル円を例にすると、スプレッドは

スプレッド

こんな感じで
(BID)売りと(ASK)買いの値があったら
この
101.579と
101.597の差
1.8銭がスプレッドというわけである

スプレッドは狭い方が買うときは安く買え、売るときは高く売れるので
有利である

なお、スプレッドは通貨ペア(ドル・円とか)やFXの業者によって異なる

ドル・円やユーロ・ドルなどメジャーな通貨ペアは狭く、
一方、南アフリカランド・円などメジャーでない(ある意味メジャーだが)通貨は
相対的にスプレッドが広くなる傾向がある

テーマ:本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ

FX 初心者 日経225 NYダウ ドル円相場 日経225 ドル円 巡礼の年 

プロフィール

Author:貧乏暇なし
投資(投機)大好き人間です

ロイターマーケットニュース
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
1013位
アクセスランキングを見る>>
為替・FX
金融・投資
株式・日経平均
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。