スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩を持たないマーケットと、個人投資家の巡礼の年(ル・マル・デュ・ペイ)

2013年の5月23日から数ヶ月の間、個人投資家はほとんど退場の
ことだけを考えて生きていた。その間にサーキットブレイカーが発動し、
また、日経が甘利ラインを割ったが、その平均株価はとくに何の意味も
持たなかった。それらの日々、退場することは個人投資家にとって、
何より自然で筋の通ったことに思えた。なぜそこで最後の一歩を
踏み出さなかったのか、理由は今でもよくわからない。

あのとき退場しておけばよかったのかもしれない、と個人投資家はよく
考える。そうすれば今ここにある世界は存在しなかったのだ。それは
魅惑的なことに思える。その世界ではもはや、黒田日銀や異次元緩和、
バーナンキに頭を悩ますこともなければ、高いボラティリティや雇用統計や
為替、長期金利に煩わされることもない。また、巨額の含み損に耐えて
胃腸の具合を悪くすることもない。

・・・
スポンサーサイト
スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ

巡礼の年 初心者 NYダウ 日経225 ドル円相場 ドル円 日経225 FX 

プロフィール

貧乏暇なし

Author:貧乏暇なし
投資(投機)大好き人間です

ロイターマーケットニュース
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
1224位
アクセスランキングを見る>>
為替・FX
金融・投資
株式・日経平均
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。